たくぞうの早帰りブログ〜米国株投資で資産形成〜

日中は仕事に打ち込みなるべく早帰りし、夜は素敵な嫁さんと一緒に株式投資を頑張るブログです。

読書

ビタミンF(新潮文庫)重松清を読みました

投稿日:

みなさんこんばんは。お元気ですか。

 私、今ちょっとした研修を受けさせていただいておりまして、通常勤務時よりも余暇の時間があります。それを見た奥ちゃんが、「本でも読みなよ!」と買ってくれたのが本書になります。奥ちゃんかわいい。

 いや~素晴らしい本でした。7本の短編が納められたオムニバス形式で、重松清さんの優しいお人柄がうかがい知れる、暖かく、時に物悲しく、でもやっぱり穏やかな、そんな本でございました。

 出てくる家庭はみな30代中盤から40代で、若者とは違うけれども、おじさんと呼ばれるにはまだ少し抵抗がある、私と同じ(ちょっと前)年代の父親が語り部です。私には子供はいないのですが、いたらいたで、楽しいことも心配なこともあるんだろうなーと想像を掻き立てられました。

新潮文庫「ビタミンF」

なお、「ビタミン」は生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、その生物の体内で十分な量を合成できない炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称だそうです。私もこの本で、人生で不可欠な優しさを補給できましたとも!

 ここ最近、重松清さんの作品を連続して読んで(奥ちゃんが買ってきてくれて)おりまして、

中公文庫「ステップ」
新潮文庫「きみの友だち」
文春文庫「その日の前に」

 これらの本を読みました。どれ読んでも楽しかった。文章がうまいので、難なく一気読みできますし、ストーリーが興味深いのは勿論ですが、言葉回しが秀逸で目も楽しくなります。

 ちょっと残念なのは、これは私個人の問題なのですが、やっぱりみんな少し不幸な境遇なところですね。いじめられたり、夫婦仲がうまくいかなかったり、病気になったり。人生がそこそこ大変な分、フィクションの中だけでもハッピーエンドが望ましいと思うのは、私の経験がまだまだ足りないからでしょうか。

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

すごい物理学講義(河出出版)カルロ・ロヴェッリを読みました

皆さんこんばんは。お元気ですか? 今回、研修期間中の隙間時間の活用のため、 を購入しました。本屋さんに行ったら平置きになってまして、科学好きおじさんとしては喜び勇んで購入した次第です。帯には、『重版続 …

「みきまるの株式投資本 オールタイムベスト」(PanRolling出版)を読みました

皆さんこんにちは。  休日出勤、嫌ですねぇ。特に奥ちゃんの会社が休みの時は。家を出るとき、にっこり見送られると、身を割かれるような気分がします!行きたくないよお!!(40代) …そんなわけで無事勤務も …

「超時短術」越川慎司(日経BP)を読みました。

皆さんこんにちは。  残業、嫌ですよね。仕事そのものも嫌なんですが、何となく周囲の雰囲気を読んで帰るのをためらう自分も嫌なものです。自意識高い系サラリーマン(キリリッ)である私としては、時間当たりの生 …