たくぞうの早帰りブログ〜米国株投資で資産形成〜

日中は仕事に打ち込みなるべく早帰りし、夜は素敵な嫁さんと一緒に株式投資を頑張るブログです。

読書

すごい物理学講義(河出出版)カルロ・ロヴェッリを読みました

投稿日:

皆さんこんばんは。お元気ですか?

今回、研修期間中の隙間時間の活用のため、

を購入しました。本屋さんに行ったら平置きになってまして、科学好きおじさんとしては喜び勇んで購入した次第です。帯には、『重版続々!!「時間は存在しない」の天才物理学者による、だれもが感動する究極の世界原理! ガリレオ文学賞、メルク・セローノ文学賞受賞!』と記載がありまして、権威に弱い従順サラリーマンとしては、2つも賞を取られては購入せざる負えませんでした。

内容について

4部構成からなる361頁となかなかのボリューム。

第一部は古代ギリシャからニュートン、ファラデーを経て、アインシュタインに至る前までの古典物理学の物語。

第二部はアインシュタインによる相対性理論や光電効果をはじめ、ディラックやボーアらの量子力学事始めについて。

第三部は量子論を発展させて、著者であるカルロ・ロヴェッリが専門とする「ループ量子重力理論」についての話。量子宇宙論。

第四部で、ビックバンの前にあるもの、科学についてのお話。

大変ためになりました  でもちょっと難しい!

 科学好きおじさんなのでこの本を買ったわけですが、私レベルだとこの本、少し難解でした。歴史を説明する部分は、ゲーテを引用したりして読み物として普通に面白いのですが、第3部のループ量子重力理論についての説明がなかなかに難しい。量子論は「超ひも理論」というのが私がまだ若い時から語られていて、有力な説であったのですが、またそれとは違う理論なんですね。

 そんなわけで、1回読んだだけでははっきりと理解できませんでした。理系と人だとスゥッと入ってくるんですかねぇ。ですが、宇宙とか、量子とか、日常生活とかけ離れた事柄について考えるのはいいですね。浮世を忘れます!

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「みきまるの株式投資本 オールタイムベスト」(PanRolling出版)を読みました

皆さんこんにちは。  休日出勤、嫌ですねぇ。特に奥ちゃんの会社が休みの時は。家を出るとき、にっこり見送られると、身を割かれるような気分がします!行きたくないよお!!(40代) …そんなわけで無事勤務も …

「超時短術」越川慎司(日経BP)を読みました。

皆さんこんにちは。  残業、嫌ですよね。仕事そのものも嫌なんですが、何となく周囲の雰囲気を読んで帰るのをためらう自分も嫌なものです。自意識高い系サラリーマン(キリリッ)である私としては、時間当たりの生 …

ビタミンF(新潮文庫)重松清を読みました

みなさんこんばんは。お元気ですか。  私、今ちょっとした研修を受けさせていただいておりまして、通常勤務時よりも余暇の時間があります。それを見た奥ちゃんが、「本でも読みなよ!」と買ってくれたのが本書にな …