たくぞうの早帰りブログ〜米国株の積立で資産形成〜

日中は仕事に打ち込み可能な限り早帰りし、夜は株式投資を頑張るブログです。

アメリカ株投資関係 運用結果

投資成績報告:2023年6月のパフォーマンスを公開!!

投稿日:2023年7月1日 更新日:

米国株資産は2023年5月末より8%増加!

米国株は絶好調!1か月で9千ドル増えましたねー。

今年は利上げが継続されるため、私の予想としては株式相場は軟調かなーと思っていたのですが、やはりきれいに外れました~。

ここのところ絶好調続きですね。

資産額は今年に入ってから負けなし!

私のドル資産ですが、今年1月からは一直線に増加しております。

(とはいっても1か月あたり2,000ドルから3,000ドル追加投資しておりますので、そんなにすごいことではないのですが)

円安の効果もあり、円建て評価額はもっとえぐいことになっておりますが、追加購入を続けるにあたっては、もう少し円高になってほしいところではあります。

基本方針は、予想はせずに定期積立

私には株式相場を見通す天賦の才はない(残念)ので、いつもどおり定期積立を行いました。

2023年6月中の追加購入一覧

S&P500に連動するETFであるVOOが買い付け額トップですね。時点で、今年に入ってOpenAiで脚光を上げているマイクロソフト(MSFT)。アップル(AAPL)も時価総額過去最高を達成し、調子が良いですね。

このまま上がり続けてほしいとは思っておりますが、当然そんなわけにはいきません。年後半が始まりますが、相場の上下は常にあるものです。一喜一憂せずに定期買い付けを進めていきたいと思います。

今後の展望

マーケットの予測はできない!

「ボラティリティから利益を上げる方法!」等、かっこよく言えればいいのですが、何度も言うとおり、私には相場を見通す能力が欠けているようです。

そういった際立った能力がある人も中に入るのでしょうね。うらやましい限りです。ですが、相場を見通せなくても、資産を膨らませる方法はあります。積み立てですね。

変動の時代に挑む

投資の世界は常に変動しており、それは未来においても例外なく続いていくでしょう。

市場の波乱やコロナ、AIなどの新たな機会に直面することも、今後においても当然あります。

その中で私たちは適時適切な投資戦略を選定し、継続的に見直し、適応していくことができるでしょうか。1回2回はできるかもしれませんが、それはあくまで丁半博打。一部の例外を除いた一般人(=私)は、その時々に、最適ななセクターや銘柄を見抜くことはできません。

まとめ

そんなわけで、いつもと変わらない結論になりますが、資金の続く限り、淡々と定期積立を続けていきたいと思います。

磐梯吾妻スカイラインに行ってきました

-アメリカ株投資関係, 運用結果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アップル(AAPL)の決算出ましたね!

皆さんおはようございます。 アップル(AAPL)の四半期決算、いい数字だったみたいですね! 第1・四半期決算(12月26日まで)概要  1 iPhoneの売り上げが過去最高を更新  2 中国での販売が …

夏の陰り?2023年8月の投資結果分析!

夏と秋の雲が混ざってきました 残念ながら微減となりました! 今年に入ってからは上昇を続けていたので、定期積立を進めることが成功への最短経路だということに確信を深めてきていたのですが、今月は今年初黒星と …

ちょっとずつお金が増える

米国株投資の配当はどうだ!

投資するうえでの利益の源泉として、一般的に目を引くのは値上がり益ですが、私のような「買ったらとりあえず持っておく」投資方針を持つ人間としてさらに重要なのが配当益です。昨年(2023年)はいくらもらえた …

2022年4月の投資結果です←続落!

 あれよあれよと日付が流れております。もう一年の3分の一が飛び去って行きました。  今年に入ってからアメリカ株は鳴かず飛ばずですね。昨年中は一方的に増える資産を楽しみに見ていたのに。さみしい!  私の …

august_results

8月の投資状況です←中国株の復活ならず!

 やってまいりました。月に一度の更新日です。一カ月たつのが超早いですね。オリンピックもいつの間にか終わって、パラリンピックも終わってしまいました…。一か月がヤバいくらい早いです。速度取り締まりが必要で …

プロフィール

40代警備系会社員。現在アメリカ株ETFを主軸に資産形成中です。日本個別株も優待・配当獲得を目的に所有しております。将来的には金融資産と、自分のビジネス(まだ模索中)で会社からの独立を模索しております。よろしくお願いいたします。